忍者ブログ

普段着の思い、いろいろと

   
戦後日本住宅伝説/埼玉県立美術館
久しぶりに埼玉県立美術館に行ってきました。
戦後日本住宅伝説 〈挑発する家・内省する家〉
1950年代から1970年代までの、16人の建築家の16作品を紹介する展覧会で、建築家が「住まい」という私的な空間をどうとらえ、どう表現しようとしたかを探るという企画です。
 
展示は、写真、模型、図面、映像で構成されています。
当時の手描きの図面の美しさに改めて感動。

塔の家(東孝光)では、原寸大に拡大した平面図が床に敷かれ、都市に住むことを選んだ決意を再認識。

スカイハウス(菊竹清訓)、中銀カプセルタワー(黒川紀章)では、メタボリズムは何だったのかを暫し、、、
・カーンのサーブドスペースとサーバントスペースの概念との共通点。
・新陳代謝、取り換えられるものと、取り換えられないものとに分けることだけでは、何も起こらなかった。取り換えられないものって何?
・建築に寿命があるなんて思いもよらないヨーロッパ人と違い、日本人にはスラップアンドビルドにしか繋がらなかった。

白井晟一は、やっぱりどう理解してよいのか?

下の写真は、埼玉県立美術館の建つ北浦和公園の端っこに置いてあるカプセル。
カプセルタワー1階にモデルルームとして展示してあったもので、中銀から県立美術館に寄贈されたとのこと。
 
オープンリールデッキがビルトインされている!オプションだよね?
PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
プロフィール
HN:
Takashi Yashima
性別:
男性
職業:
建築家
趣味:
バンド、フットサル、、、
自己紹介:
バンドやってます。
フットサル、テニス、野球、、、やるのもみるのも好きです。
何もしないことが苦手です。
さいたま市で設計事務所をやってます。
E-mail studio@8888ma.net
P R
Copyright ©  -- 自称建築家の雑念 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]